2016年11月08日

庭師の大工仕事〜つづき

代々木上原で12月open「ハーブと私」のエントランス工事のつづき。

パーゴラの次にはフェンス部の作成。
スパンも短く羽子板ボルトで簡易的に固定するため
横板(ルーバー)を柱に予め組み立てる。

PA259885_R.JPG

PA269896_R.JPG

それから今回一番苦労した箇所、扉の作成。
この門扉からは日常的にバギーなどの出入りがあること、
当然店舗としてのエントランスも兼ねていること、
さらに、避難路であるため施錠ができずかつ即開閉が可能だということで、
ラッチ式の取っ手を採用。
しかも両開きで開口部も1.5mと結構広い。
植木屋の大工を超え、建具屋の大工の領域?

左右の開口長さを変えているので、片方の蝶番への負荷も大きく、
使用頻度も高いので、耐久性も考慮しなければならない。

園路の枕木を敷いたあと
まずは、大枠をあてて長さの調整。
PA269898_R.JPG

ノミで加工し、取っ手とラッチを取り付けて、扉が完成。
PA299920_R.JPG

やはり蝶番の強度が懸念されるので、もう一枚追加し、
塗装し、砂利を敷いてほぼ完成。
あとは、開店までに店のサインを取り付けたり、植栽すれば雰囲気もでるはず。

PB080056_R.JPG

PB080063_R.JPG

PB080083_R.JPG














posted by 庭師おがや at 12:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 庭の工事
この記事へのコメント
素敵なエントランスになりましたね!
植木屋の仕事を超えてます…。
植栽はどんなものにするのでしょうね?
やっぱりハーブかな?
Posted by masuda at 2016年11月19日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177627221

この記事へのトラックバック