2017年03月06日

研修旅行'17_@内子〜大洲〜宇和島

恒例の研修旅行、今年は伊予の国南部へ。

松山空港からレンタカーでまずは内子町へ。
内子は、漆の仲間であるハゼノキを原料にした木蝋で栄えた町。
明治時代の街並みが残っている。
P3061094_R.JPG

内子の豪商である芳賀一族である、上芳賀家。
棟瓦の上にあるシャチホコは鳥衾(とりふすま)というらしい。
屋根ののし瓦もいい感じだ。
P3061069_R.JPG

中に入ると、2〜3階が吹き抜けになっており、
3階部の小屋組みが間近で見られるのは珍しい。
P3061074_R.JPG

毎度ながらじっくり見すぎてあっという間に昼過ぎ。
お約束?南伊予地方名物の鯛めしを食す。
P3061123_R.JPG

内子座。
当時金儲けした旦那衆が遊ぶための娯楽施設として設立したそうだ。
今だ現役の施設。
P3061127_R.JPG

予定通り?予定より2時間も長居してしまったので、
いいかげん車で15分ほどの大洲へ移動。
内子もかつては大洲藩の一部だった。
その名勝庭園、臥龍山荘へ。
石積みが凝っているし、既存の樹木を活かした施工となっている。
本州ではあまり見かけないと思う。
P3061156_R.JPG

P3061172_R.JPG

臥龍山荘の建築および庭園は、非常に緻密な設計に基づいているにもかかわらず、
良い意味で地方の庭園らしく頑張りすぎてなく居心地の良い空間を成している。
P3061183_R.JPG

臥龍山荘(不老庵)を対岸から。
もう少し緑が濃くなってからか、紅葉の時期に再訪したい。
P3061211_R.JPG

このほか大洲城など見てないが、夕刻になったので宿泊地である宇和島へ。
すっかり日も暮れてしまったので、夜の街へ。
4度目の訪問だが、夜歩くのは初めて。
人口7万の地方都市の夜は一見寂しいが、よく探すと美味そうな店が点在している。
まずは宇和島郷土料理が食べられる「ほずみ亭」へ。
P3061218_R.JPG

ヨコ刺し(クロマグロの子供を言うらしい)、のれそれ(アナゴの稚魚)、
丸ずし(おからとイワシ)、ウツボ刺し、きびなご天、、、!
P3061219_R.JPG

郷土料理の「ふくめん」
ほんのり甘いが日本酒にあう。
P3061223_R.JPG

この辺りではおこぜを「ほご」という。
お約束のから揚げ!
P3061225_R.JPG

見た目では高そうだが、そんなことなく居酒屋価格。
けど美味さは見た目どおり。
鮮度もよく郷土料理も想像以上に美味かった。
一軒目としては五つ星。

二軒目は、通りがかりに気になっていた小料理屋「すずらん」という店。
明るいカウンター越しに女将さんが切り盛りしている、理想的な?店。
写真を撮り忘れたが、酒よし魚よし居心地よしと長居してしまった。
地方都市でこういったお店に出会えることがとても楽しい。
再訪の際は、女将おススメの楽しいスナックに連れて行っていただくことに。
伊達氏10万石の城下町は奥が深い!
2:00ごろになり、これまた女将のおススメ「十万石」のカレーうどんで〆!
posted by 庭師おがや at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
あら、何と。
愛媛に行ったのですね。
我が第二の故郷。
大洲は旦那の実家です。
途中(内子辺り?)の屋根のある橋(名前忘れちゃった)、
寄りましたか?
西予市に苔むしろって場所があるらしのですが、
一面苔の幻想的な?風景の中でお茶が飲めるそう。
ここにも行ってみたいと思ってます。
臥龍山荘、実はまだ行った事がなく、今度行きたいと
思ってます。
Posted by 和気 at 2017年03月31日 20:30
返信おそくなりました、、、
内子の田丸橋でしょ?
時間切れで今回は残念。
個人的に臥龍山荘はよかったですね。
京都の緊張感のある庭と違って、
地方の城下町の庭はゆとりがあって
いい意味での余裕が感じられ好きですね。
苔むしろ?知らなかったですね。
再訪は必須ですね!
Posted by 庭師おがや at 2017年05月05日 17:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179115727

この記事へのトラックバック