2013年12月22日

年の瀬

久しぶりの更新になってしまった。
植木の剪定をメインに、花壇の植栽や
レンガ敷き、工事仕事の現地調査、
見積や資材のサンプル調達などなどが続いている。

例えば「サビ砂利」と指定がある場合、それが抽象的なので難しい。
仕入れてから「違う」と言われては大変なことになるので、
サンプルを入手して送り、確認をしてもらう。
最近はネット上でサンプル画像があるが、写真と実物との違い、
まして画面上では更に違いが出るし、乾燥時と湿潤時でも大きく異なるからだ。

特に工事仕事はその準備に手間がかかる。
仕方が無いことだが、営業マンであり職人であることの宿命だ。
全て自分でやるしかないのだから。

先週は雨が予想より降る中仲間3人で植木の手入れが続いた。
マツを3本、モッコクも3本、この時期の雨の中の「手入れ」は
さすがに寒かったけど。

今年もあと残り10日を切った。
残る大仕事は、造園工事。
植栽と外構交じりの個人邸の工事だ。

PC188729.jpg
posted by 庭師おがや at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地調査

2013年08月31日

湘南の棲家

湘南エリアで現地調査があったので、
ついでに色々と歩き回ってきた。
まずは藤沢駅南エリア。
個人的に好きな建築家が設計した個人邸や、
その界隈を建築や外構を見ながらテキトーにぶらつく。

自然と潮の香りのする方向へ足が向いてしまう。
南風が強いので、次第に波の音も聞こえてくる。
国道を渡るとざわついたオンショアの波で
海面が乱れた鵠沼海岸に到着。
それでも波はあるので結構サーファーが入水している。

P8305260.jpg

目的はこれではないので、住宅地エリアへ戻り
江ノ電で移動する。
十数年ぶりの江ノ電。

P8305271.jpg

これまたテキトーに由比ガ浜で降り、海岸へは向かわずに
極楽寺までテキトーに歩く。
東京では36度の猛暑だが、このエリアはせいぜい31度くらいだろう。
暑いが風もあるので結構歩ける。

極楽寺で再び江ノ電に乗り、七里ガ浜で下車。

P8305280.jpg

有名な建築家が手がけた商業施設を見て、山のほうの住宅地へ。
海を見下ろすロケーション。
確かにこんな所で生活できたらよいと思う。

P8305290.jpg

波乗りを始めた20代の頃、当時姉が住んでいた茅ヶ崎でよく入水した。
比較的波が穏やかな湘南はビギナーにはもってこいだった。
そして当時はこのエリアに住むことが憧れだった。
平日並みがよければ朝一で入水して出勤。
休みの日も波がよければ朝入水してそれから伊豆へ素潜りへ−
そんな生活に。

しかし波乗りが上達すると、波のある地元の茨城の海へ通うようになり、
湘南へ足を運ぶことがほとんどなくなった。
と同時に湘南へ住むという気持ちも次第に薄れていった。

けどこうして歩いてみて、やはりこのエリアは棲家としては
最適なところだと再認識した。一般的に。
海あり山あり。伊豆にも近い。我が家よりはだけど。

帰りに川崎市でもう一軒の現調を済ませて帰宅。
今日は何キロ歩いただろうか?
posted by 庭師おがや at 07:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 現地調査

2013年07月04日

独り庭師

今週はお待たせしていた自分のお客さんの
お手入れをメインにしている。
先日チラシを見てお電話いただいたお宅へ現調に行った。
今までの植木屋さんが高齢のため出来なくなったのと、
自分独りで活動していることが理由だった。

その場合は以前の植木屋も「独り」だったそうだ。
年に2回、数日間独りで、樹種によって適切な手入れを施しており、
さすがにそれなりに綺麗にされているお庭が多い。
毎回決まった方に手入れしてもらうのが一番良いと考える。
多少時間はかかっても。

ありがたいお客様だ。
会社組織の造園会社には無いものはここんところだし。
しばらくお待ちいただけることになったので、
高齢でない(けどそんな若くも無い?)独り庭師の
本領を発揮しないと。

機械も設備も人数も大手にはかなわない分、
face to face で勝負!
親切、丁寧をモットーに!
posted by 庭師おがや at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地調査